読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釧路に行ってきました(2)

前回の記事はこちら

 

二日目:レンタカーで湖めぐり

  二日目は釧路駅前のレンタカー店で車を借り、阿寒湖→屈斜路湖摩周湖の順にドライブしました。8時30分に釧路駅前を出発。

f:id:suna0hi:20170205112216j:plain

f:id:suna0hi:20170205112344j:plain

 釧路から30分~1時間程度走ったところで、道の駅「阿寒丹頂の里」にて一休み。道の駅には「阿寒国際ツルセンター」が併設されており、タンチョウの生活や習性を学ぶことができます。

 現在は道の駅の建物が新しく建て替えられているようで、新・阿寒丹頂の里の周辺には日帰り温泉やレストラン、キャンプ場、釧路の特産物を取り揃えた「阿寒マルシェ」等さまざまな施設ができているということです(https://www.akan.jp/)。

 

阿寒湖&阿寒湖アイヌコタン

f:id:suna0hi:20170205113943j:plain

f:id:suna0hi:20170205114216j:plain

 11時頃、阿寒湖温泉に到着。右の写真は「阿寒湖アイヌコタン」。阿寒湖温泉街近くにあるアイヌ文化体験施設です。コタン内にある「阿寒湖アイヌシアターイコロ」ではアイヌ古式舞踊やイオマンテの火まつりを見られるほか、併設された民芸店・喫茶店でアイヌ文化を体験することができます。

 阿寒湖畔では散策が楽しめるほか、まりもの観察ができる遊覧船も。大型の遊覧船は一周85分、一時間に一便の運航です。モーターボートにも乗ることができ、こちらは目的に合わせて5分のコースから45分のコースまで、好きなコースを指定することができます。

 

f:id:suna0hi:20170205115453j:plain

 湖畔をぶらぶらしていると、阿寒湖遊覧船乗り場にて何やら不思議なソフトクリームを発見。その名も「マリモソフトクリーム」…?

 注文してみると、よく見るソフトクリームよりほんの少し緑がかったソフトクリームが出てきました。ソフトクリーム部分の味は甘さ控え目ですこしだけお茶っぽい感じ?しかし「マリモソフトクリーム」が「マリモソフトクリーム」である所以は単に色が緑色というわけではなく…!ソフトクリームの中に…まりも(を模したあるもの)が隠されているのです。ソフトクリームに隠されたまりも(を模したもの)の正体が何かは、ぜひマリモソフトクリームを食べて確かめてみてください。

 ちなみに、阿寒湖温泉街にはほかにも「まりもラーメン」や「まりも茶」など気になる食べ物が…。こちらは本物のまりもが使われているのでしょうか?

 

屈斜路湖&硫黄山

 阿寒湖温泉街を出発して約一時間で屈斜路湖畔、砂湯に到着。ここは湖畔の砂を掘るとお湯が沸き出てくる不思議な場所で、水際に足湯が設置されているほか、浜で砂を掘って楽しむ観光客もたくさんいます。

f:id:suna0hi:20170205122559j:plain

f:id:suna0hi:20170205122638j:plain

 この川湯温泉の熱源となっているのが、アイヌ語アトサヌプリとも呼ばれる硫黄山。現在も山体のあちこちから火山ガスを噴出する活火山です。火山から噴出する硫黄泉分のため植物は育たず、荒涼とした景色が広がる様子はとても壮大。駐車チケットは摩周湖第一展望台と共同で、乗用車一台500円です。

 右の写真は硫黄山の噴出口まで近寄り、後ろ(駐車場側)を撮った写真。写真では分かりづらいのですが、どこまでも平らな地平がずーっと続いていて感動しました。これは実際に行って見てみなければわからないということで…、硫黄山に行ってみたらぜひ歩いてきた側も振り返ってみてください!

 

摩周湖第一展望台

 14時、湖めぐりの最終目的地、摩周湖に到着。摩周湖を見られるポイントはいくつかありますが、最もポピュラーなのが第一展望台です。展望台周辺にはレストランや土産店もあり、ドライブ中の休憩にも使うことができます。

 摩周湖は火山の噴火により火口が陥没してできたカルデラ湖です。その水の透明度は世界一と言われ、この透明度の高さが美しい「摩周湖ブルー」をうみだしているということです。また、摩周湖は「霧の摩周湖」と言われるほど霧がかかっていることが多く、霧がきれいに晴れた摩周湖はとてもめずらしいことから、霧のない摩周湖を見ると「婚期を逃す」「出世できない」と言われることもあります。さて、この日は…

f:id:suna0hi:20170205125256j:plain

快晴!

f:id:suna0hi:20170205125420j:plain

f:id:suna0hi:20170205125455j:plain

 旅行好きとしては晴れの摩周湖に立ち会えるなんて喜ばしいことこのうえない…!ですよね…!?摩周湖は晴れてるけど私の未来は霧のなか…ということ…?右の写真は摩周湖第一展望台のレストランで食べられる霧ソフト。青いソフトクリーム「摩周ソフト」、バニラソフトクリーム、摩周ソフト&バニラの「霧ソフト」の三種類から選ぶことができます。

 

 15時に摩周湖第一展望台を出発し、16時30分に釧路駅前到着。お店で炉端焼きを食べて二日目は終了です。

 一日を振り返ると、何とか阿寒湖・屈斜路湖摩周湖すべてをまわりはしたものの、時間的にかなりきつかったです。時間がなかった(&ちょうどいいところで飲食店を見つけられなかった)ので、15時に摩周湖に着くまで何も食べられなかったり…。どこでもそうですが、一人旅であればある程度余裕のないスケジュールもこなせますが、お子さんがいたり複数人で行く場合には行く場所を絞るなど工夫が必要になるかもしれないです。