読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釧路に行ってきました(3)

前回までの記事はこちら

 

三日目:和商市場+帰路

f:id:suna0hi:20170211225840j:plain

f:id:suna0hi:20170211230024j:plain

  最終日は帰札する前に和商市場に寄りました。釧路和商市場は釧路駅から5分ほど歩いたところにある市場。日曜日は不定休(1~3月は営業なし)なので、日程が日曜日に重なる場合は事前のチェックをおすすめします。

 和商市場といえば有名なのが「勝手丼」!市場店の鮮魚店をまわって好きな具材を載せ、マイ海鮮丼を載せることができます。

f:id:suna0hi:20170211230525j:plain

f:id:suna0hi:20170211230610j:plain

 まずはご飯を購入(左)。自分の食べる量に合わせて、器の大きさ・盛りの程度を選びます。ご飯を買ったら、器を持って市場をまわる。「勝手丼」ののぼりのあるお店で、好みのネタを好きなだけ(!)買って載せます(右)。システムがよくわからなくても、市場に入ればお店の人が声をかけて教えてくれるので大丈夫。旬のネタやその日のおすすめネタ、釧路近海で採れる珍しい魚のことも教えてもらい、マイベスト丼ができました♪

f:id:suna0hi:20170211231057j:plain

(調子に乗ると載せすぎます)

 

8時45分

  釧路駅前からスターライト釧路号に乗って帰札。札幌駅バスターミナルには14時15分に到着。お疲れさまでした。

 

謎のいくつか

  何気なく歩いていた釧路市街ですが、思えば不思議なことがいくつかありました。まず、タンチョウモチーフの出現場所。釧路編(1)でも書いたとおり、幣舞橋北側の北大通には鶴モチーフがあふれている一方で、幣舞橋を渡るとぱったりと現れなくなります(私が見つけられなかっただけ…?)

 

 

(地図の中央が釧路川釧路川にかかるのが夕日の名所・幣舞橋です)

 

 逆に幣舞橋の北側に少なく、南側に渡ると多くなったものが「石川啄木の歌碑」。

f:id:suna0hi:20170211235126j:plain

f:id:suna0hi:20170211235055j:plain

 街のあちこちに左の写真のような歌碑(形状はいろいろ)があるのですが、こちらは鶴モチーフとは反対に、幣舞橋以南に偏っています。「くしろガイドマップ」に収められている「啄木歌碑マップ」を見れば一目瞭然で、幣舞橋以北には「交流プラザさいわい」前の歌碑一つしかありません。歌碑は主に啄木にゆかりのある地に建てられているようですが、こんなにも偏りがあるのは一体なぜ…?

 

 と不思議がっていますが、おそらく幣舞橋以南は昔ながらの街並みがある程度残っている地区で、北側は比較的新しい時期に整備された地区なのでしょう。道を歩いてみても、幣舞橋北側にある釧路駅周辺は道幅が広くまっすぐなのに対して、南側の道路は比較的細く曲がっている印象です。

 次記事では、この仮説は正しいのか?釧路のまちはどのようにして今の姿になったのか?を考えてみます。